これぞ大人の落書き!自宅の和室をキャンバスにした強者(芸術家)をご紹介!




皆さん、お絵かきは好きですか?

大人なのにただのお絵かき?と思った方、要注意です!

今回は大阪に自宅の和室をキャンバスに障子や天井に絵を描いた強者がいると聞いて突撃インタビューを決行しました!

自宅の部屋に絵を描くとは、どういうコトなのか?
どういう人物なのか?!
気になるところですよね!

インタビュー形式でご紹介!行動力が半端ない芸術家SHIZUさん!

自宅の和室をキャンバスに天井や障子に絵を描いた強者をご紹介!
大阪に住むSHIZUさんはロココ調の超豪華なご自宅にお住いの芸術家!

なぜ自宅の部屋に落書き、、いや、お絵かきを?
SHIZU
ある日ふと、こう思ったんです。地味な和室をもっと華やかに。できれば春の雰囲気が漂う、桜の花とか良いなーと。そして私の座右の名は「即行動」。ワクワク感と責任感からやるしかないという衝動に狩られました。
・・・・旦那様はこれを見てなんと?
SHIZU
そうですね。ご想像にお任せしたいところですが、はっきりいうと唖然としています。ヒトというのは予想を遥かに超える事象に遭遇すると思考が停止するらしく。そしてそれは私の主人も相違ないのです。
・・・・その通りだと思います。僕だったら失神するレベルだと思います。

ここから実際に自宅の和室に施したお絵かきをちょい出しでご紹介!

これが実際に和室の障子に描いたお絵かきです!
誰が見ても自分で描いたとは思えないクオリティーです。

障子に蓮&青い小鳥

障子に蓮の花と小鳥が楽しく遊んでいる様子が描かれています。

これ本当に手書きでした。
普通に見たら最初からこういうデザイン。

という印象しか持てないレベルです。
素人の僕からはシンプルに凄いなと思えるクオリティでした!

障子に桜の木!

こちらは障子に桜の木を描いています。
絵のタッチもそうですが、バランスなども完璧です。

普通にこの人凄いなと思える作品に仕上がっています
こちらも元からこういうデザインなんだなと思えるくらいクオリティが高い作品でした。

天井に桜の木&青い小鳥

そしてこれが圧巻!天井にまで桜を描いちゃったりしています。
3回言いますが、これ天井です。天井に桜の木描いているんです。。

・・

・・・・・

・・・・・・・・・・

なんかあれですね、もうここまでくると凄いというよりこの人は天才(普通じゃ無いな)だと思うようになりました。

全体的なバランスも含めて天井の描かれたこの桜と青い小鳥が壮大で圧巻です。

他にもある自宅に施した過去の武勇伝!

今回も同様にということは以前にも何かされたのでしょうか?
SHIZU
そうですね、結構インパクトが大きいものとしてはリビングとキッチンを隔てる壁を大きめなハンマーで”壁に穴をブチ空け”風通しを良くしたことがあります。
なるほど。リビングとキッチンの壁を取り払った時のご主人の反応はいかがでしたか?(この人今、ブチ空けって言った
SHIZU
はい、家を購入して間もないタイミングでしたので、主人が出払ったスキをみて、娘たちの前でハンマーを片手にその抑えれない衝動を壁に向けたのです。
・・・・なるほど。即行動の座右の銘は昔からブレないSHIZUさんの人生哲学としてあるんですね(この人やばいわ、絶対やばいわー
ご主人がいるとやっぱり制止されるのでしょうか?
SHIZU
そうですね。。。。止められますね。なので基本的に家のこと(改造)をする場合は主人が出払っていることが前提の条件です。
・・・・なるほど。その壁を見させていただいても??
SHIZU
もちろん。よろしいですよw
これは、この枠が本当は壁だったんですか?
SHIZU
はい、おっしゃる通りです。壁があると部屋全体に圧迫感があったのでコレはどうにかしないといけない衝動にかられました
確かに壁があるより、無い方が開放感がありますね!!!これは間違いなくやってよかったと思います!!(これも素人がやったと思えないけど。これって明らかに内装施工者レベルじゃないと無理だよな。。
SHIZU
気に入っていただいて嬉しい限りです。

ここからはSHIZUさんの人物像についてインタビュー!

先からふと思ったんですけど質問していいですか??
SHIZU
なんでも聞いてください。
全てのことにおいて自らされている理由ってあるんですか??和室のアートもそうですが、壁を取っ払うのも業者さんに依頼するということをしない理由があるのでしょうか??
SHIZU
答えはシンプルです。自分がしたいと思ったことは自分でやったほうが楽しいからです。
なるほど。。。確かにそうだと思います。でも普通は和室へのアートもキッチンの壁を破壊するにしても、これやっちゃうと修正が効かなくなるという恐怖心からリスクがないやり方を考えると思うんです。
SHIZU
そうですね。確かに仰るように失敗に対するリスクは私も意識します。ただなんでもそうですけど、新しいこと(自分にとって未知の部分に対する挑戦)をするのにリスクを考えると足が止まる人は少なくないです。それってすごく勿体無いことだと思いませんか??
僕も例えば株をやりたいとかFXをやりたいとか思うことはあってもお金を失うリスクを考えると手が出せないでいます。本当は挑戦したいけどリスクヘッジの意識が先行して結果、なにも変わらないという様なことは少なくないです。
SHIZU
私の場合、自分がやりたいと本気で願えばそれは実現できるという考えがあります。だからリスクよりも自分が本気でしたいと考えるものは自ら行動移します。
SHIZU
また壁に穴をブチ空けた話には続きがあって、壁に穴を空けたモノはいいものの、石膏ボードが露出してしまいどうもこうも収集がつかない状態になりましたw
・・・・・・それは確かに収集がつきませんね。どう対応したのでしょうか??(普通だと笑って話せる内容じゃないはずなんだが笑
SHIZU
はい、その状態になって初めて自分ではこれ以上対応できないと理解し、内装施工者に相談し今の状態に仕上げてもらったんですw
SHIZU
要するにリスクとはマイナスの反面、どうにかできることがほとんどです。和室のアートにしもて失敗した場合は新たな絵で上書きをする。障子なら取り替える。天井は雑巾などで拭く。キッチンの壁なら業者さんにお願いする。みたいなことです。
・・・・・・なるほど。僕の場合で言うなれば、株もFXにもまずは挑戦をすること。そして失敗すればその資金となるお金をまた貯めればいいだけの話。ということですね(なんかSHIZUさんが正論を言うと刺さるな。。だんだんとまともな人に思えてきた
SHIZU
仰る通りです。私の場合、家のことだけではなく、自分がしたいと思ったことには全力で挑戦している背景があります。なので普通の人とは行動力とリスクに対する考え方が大きく違うと思うのです。
ここまで和室をキャンバスにしたり、キッチンのデザイン(壁を取り払う)を変えたりと色々、芸術的なセンスを感じますが、SHIZUさんは普段何をされているんですか?何者なんですか?(人生哲学も普通じゃないがマジで何の専門家なのだろうか。。
SHIZU
普通の専業主婦です。。。。。と言いたいんですが実は芸術家です。ただ芸術家と言ってもざっくりすぎてイメージしづらいと思うのですが、本当に色々なことをしています。プリザーブドフラワーやレスドール、ポーセーラーツ、テーブルコーディネートなど様々なスクールの講師をさせて頂いております。また少し前までは社団法人にて役員も勤めておりました。
どうりで。。。お庭もそうですが、テーブルのディスプレイや至る所に施されたセンスが半端じゃないと思っていました(あと発言と行動力も!
SHIZU
ありがとうございますw
様々なスクールを展開されているとのことでしたが、今回のインタビュー記事でご紹介させて頂いてもよろしいでしょうか??SHIZUさんが講師のスクールなら結構な人数が集まると思いますがw
SHIZU
ありがとうございます。ただ、ありがたい話なんですが、ただいまホームページを鋭意制作中ですので次の機会にご紹介いただけますと幸いでございます。
そうですか。。。わかりました!また次回のインタビュー時にもご紹介させていただければと思いますw今回は長時間のインタビューを受けてくださり、ありがとうございました!本当に楽しかったですw

終わりに!

今回、インタビューに快く受けてくださったSHIZUさんですが実はサイトありました!!w

ただ新しいサイトを製作中とのことでしたので、勝手にご紹介していいのかわかりませんが載せますw

SHIZUさんのサイトはこちら♪

ブログで様々な作品を更新しているので、ポーセラーツ、レースドール、プリザープドフラワー、テーブルコーディネートなどにご興味がある方は是非見てみてくださいw

ヒトとしてもモノ凄い魅力があるSHIZUさんのスクールでの物作りは想像を超える楽しが味わえること間違いなしです!

それではまたw




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です